ご注意
ネタは、猫について語らう類のスレから拾ってくることがほとんどです。
猫のことを話しているのが前提になっているレスが多いため、のっけから「うちの子は…」「姫が…」などで話が始まったら、「あぁ、猫のことね」と脳内補完をお願いします。
変なコメントを見かけたら→http://vapor.jp/2yan/comment.html

2010年05月29日

ツンデレ三毛猫

617 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2010/05/26(水) 11:46:57 ID:jkfamo9Y
うちの三毛猫はツンデレ
いつも人に背中を向けて座っている

最初は、いつの間にか人の視界の隅っこの方に座っている
次は、いつの間にかギリギリ人の手が届かないところに座っている
その次は、ほんの目の前に座っている
あくまでも三毛柄の背中を向けて

そのくせ人が撫でようと背中に手を伸ばすと
触れるか触れないかの瞬間スルリと前進する
まるで背中に目があるようだ
たぶん全神経を背中に集中しているんだろう、耳は完全にこっち向きだ

悠長に追いかけようとすると「わたしをつかまえてごらんなさい」ごっこが始まってしまい
とても面倒くさいことになるので
一気にガバッと捕まえてチュッチュナデナデすると、ゴロゴロいっている
まさにツンデレ

時折まだ視界の隅っこに座っているときにフェイントで捕まえると
「な、なによ!かまってほしいわけじゃないんだからね!!!」って顔するくせに
ひっくり返してお腹に顔をうずめてチュッチュモフモフチュッチュすると
ゴロゴロが大音響で鳴ってるのは何故なんだぜ?
posted by にゃん&チビ at 21:00 | Comment(8) | TrackBack(0) | うちの猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

言葉には気をつけてる

253 名前: ななしのいるせいかつ [sage] 投稿日: 2010/05/28(金) 16:43:20
猫には言葉が通じる。

以前は正直猫をなめてた。
数年前、飼ってたハムスターを亡くしてナーバスになってた私は
日向ぼっこしてる野良にちょっと話しかけてしまった。
要はさみしかったので独り言を聞いてくれる相手が欲しかっただけ。
「こんな寒いのにどしたの?ひとり?私もひとり」
「にゃ」
「ていうかひとりになっちゃったの。こないだ家族を亡くしてね」
「うにゃ」
「ひとりさみしいよねー、よかったらウチ来ていいよ。そこの通りの茶色いドアの家」
「うなんな」
「それじゃねー、車に気をつけてねー」

白状すると社交辞令だった。ハムスターと同じ感覚で話してた。
だから数日後にその猫が玄関前に居たときは心底驚いた。
しかし来てと言ったのはこちらなので追い返すわけにもいかず
現在に至る。
今もうっかり「今日はお休みだからゆっくりできるよ」などと言うと
「なぜやすみなのにいちにちじゅう撫でない」という目で見られるので言葉には気をつけてる。


254 名前: ななしのいるせいかつ [sage] 投稿日: 2010/05/28(金) 16:51:06
うなんな言われちゃしょーがねーなw
タグ:うなんな
posted by にゃん&チビ at 18:00 | Comment(14) | TrackBack(0) | うちの猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

「…解せぬ…」

580 名前: わんにゃん@名無しさん [sage] 投稿日: 2009/06/30(火) 20:02:50 ID:gpN1pm6d
♀二匹居るけど両方とも抱っこ嫌がる子。
先住の方は完全に抱っこは駄目、後入りは抱っこすると
きょとーん→「……」→「…解せぬ…」→「降ろせ降りる!」だ。

でも体をくっ付けるのは好きらしくて、スリスリは日常茶飯事、
ソファに座ってたりベッドで寝そべってたりしてたら、
べったり引っ付いたり背中や膝に乗ったり。
私が動くと不愉快そうに鼻息ぬふーしながら2歩くらい
歩いてそこでバターンとふてくされたみたいに倒れる。
そしてまたくっ付きに来る。

もうこれでいいかな?って思ってる。
posted by にゃん&チビ at 15:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | うちの猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

ガテン系のおっさんが大好き

621 名前: 可愛い奥様 [sage] 投稿日: 2010/05/22(土) 13:55:26 ID:lxGp2LVC0
ウチの猫は工事の人が大好き。

血だらけ膿だらけのおっさん猫を持って帰ってきた旦那。
結婚後、実家の猫話をしていたので、私なら面倒見てくれるよね!と。
病院へ連れて行くと「ほんとにこの猫飼うの?5、6歳にはなってるよ。
野良猫の治療はしませんよ」と言われたのを、旦那に本当に飼いたいのか確認して
治療してもらった。
なぜかこの猫、「おっさん」特に工事とかガテン系の人間のおっさんが大好きで、
工事とか点検の人が来たらゴロゴロスリスリ。
逆に女性や子供のお客が来るとベッドの下から出て来ない。
普通猫はおっさん嫌いなのになーと「?」と思っていた。

ある日、新聞の集金人が来て、「あれ?!この猫、お宅の猫だったんですか!
3丁目(ウチからちょっと離れた場所)で有名なドラ猫ですよ!」
「え、そうなんですか?旦那が怪我をしてるのを見かねて持って帰ってきちゃったんですよ」
「この猫ねー、あの辺の大工さんに大人気でコロコロ転がったり芸をして
弁当の玉子焼きとか唐揚げ貰ってましたよ。ボクも昼休みにチキンナゲットとか
やったことある」

なるほどなー、女性や子供は触ったり「カワイー」とか言う割りにごはんくれないけど
おっさんは触らないし色々ごはんくれたんだね、と、ちょっとナットク。
それで怪我をした時にも「おっさん(旦那)」に助けてアピールしたのか。
なんか恩義を感じてるらしくて、旦那にはすんごい忠実。
お見送りお出迎え、背中ふみふみマッサージ。
中にはどうも柴犬が入ってると思う。
家に来て11年になるので、推定16〜7歳のはずだけど、今も元気。


624 名前: 可愛い奥様 [sage] 投稿日: 2010/05/22(土) 14:44:59 ID:WKT/+GMP0
>>621
イイハナシダナー(´∀`*)
ご主人、よく連れて帰ってくださった。
ガテン系のおじさんたちも優しいなあ。
野良猫にエサやりはダメ、ってのが最近のルールだけど
やっぱりこういう風にお弁当のおかずを分けてあげるような人がいると
なんだかほのぼのするよね。
猫さんもずっとお元気で。
posted by にゃん&チビ at 12:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | うちの猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加