ご注意
ネタは、猫について語らう類のスレから拾ってくることがほとんどです。
猫のことを話しているのが前提になっているレスが多いため、のっけから「うちの子は…」「姫が…」などで話が始まったら、「あぁ、猫のことね」と脳内補完をお願いします。
変なコメントを見かけたら→http://vapor.jp/2yan/comment.html

2016年08月26日

[16/08/26 管理人より]


ご無沙汰しております。
私事ばかりで申し訳ありませんが、更新担当・チビの現状について書かせてください。

実は、チビは昨年の今頃から悪性乳腺腫瘍を患い、療養しております。
前回更新で「服を着ている」等と書いたのはそのためでした。
当サイトではなるべく暗い話・悲しい話を掲載しない方針ですので、この件についても公表しないつもりでおりました。

動物病院の腫瘍科の先生からは、
「猫の乳腺腫瘍は再発率が非常に高く、患部を摘出しても完治の望みは薄い。年齢が年齢なのでこのまま見守っては」
というアドバイスをいただき、手術などの外科的処置はしないと決断しました。
今年1月には腫瘍の自壊が始まり、おなか全体に広がって、一時期はモーズペーストでの処置も追いつかないほどひどい状態でした。
本猫が食欲も甘え欲も衰えず元気に過ごしていたのが救いでしたが、患部を目にするのはとても辛かったです。
週に一度病院で膿を出してもらって、毎日患部にガーゼを当てて包帯を巻き、その上に術後服を着せて舐め壊しを防いでいました。
術後服には生理用ナプキンを貼って膿を吸収させていましたが、ひどいときには1日で2枚のナプキンがずっしり重くなるほどでした。

ところが、療養を続けるうち、ここ数ヶ月で膿がほとんど出なくなり、なんと腫瘍も小さくなって、先生から
「もう包帯も服も要りません。通院も月に一度くらいのペースで様子を見ましょう」
という言葉をいただきました!!
しこりはまだ残っているので完全な治癒とは言えませんが、数ヶ月前を思えば信じられない快復です。


モーズ軟膏処置や縫合のために剃られていたおなかの毛も、今やこんなにフッサフサに!
何ヶ月か前まで膿でグジュグジュだったとは思えません。


「悪性乳腺腫瘍」という診断結果を聞いたときは、頭が真っ白になりました。
病気についての情報を検索すればするほど望みが消えてゆき、「覚悟」という言葉だけが残されました。
いちばん症状がひどかった頃は「もう17歳の誕生日は迎えられないかもしれない」とさえ思っていました。
それでも、チビちゃん自身はマンマをモリモリと食べ、べったりとヒトに甘えて、至って元気に過ごしていました。
ここまで快復したのは、病院の先生の適切な処置と、なにより本猫の生命力の賜物だと思っております。

乳腺腫瘍について調べると、どうしてもつらい情報がたくさん入ってきます。
同じ病気の猫さんとともに闘っている飼い主さんも多くいらっしゃるかと思います。
お辛いとは思いますが、どうか希望を捨てないでください。
なるべく猫さんにストレスを与えないように、ご自身もあまり思いつめないように、できるだけ楽しく過ごしてください。
チビのように、高齢でも症状がひどくなっても、こんなに快復することもあるよ、ということを伝えたくてこの記事を書きました。

余談ですが、雉縞家はこの7月で、げぼく生活20周年を迎えました。

どうか、皆様と猫さんたちとの暮らしが幸せなものでありますように。

>>看護の詳細について。
posted by にゃん&チビ at 06:00 | Comment(20) | TrackBack(0) | お知らせ このエントリーをはてなブックマークに追加