ご注意
ネタは、猫について語らう類のスレから拾ってくることがほとんどです。
猫のことを話しているのが前提になっているレスが多いため、のっけから「うちの子は…」「姫が…」などで話が始まったら、「あぁ、猫のことね」と脳内補完をお願いします。
変なコメントを見かけたら→http://vapor.jp/2yan/comment.html

2015年03月17日

遺言状

972 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/03/16(月) 10:16:50.97 ID:Oq0QfXw9.net [1/3]
祖父が亡くなり、遺言状を開封したら、飼っていた猫二匹の事ばかり、
和紙に達筆な毛筆で20枚に渡って綴られていた事。
チロ:平成О年生:メス。
性格:神経質だが甘えん坊、高い所より狭い所を好む タバコの匂いを嫌う、ささみと魚好き…等10枚

フク:平成О年生 オス:抱っこが好き、ネズミとボールの玩具が必須 掃除機の音が嫌い…等。。
引き取りは私の母親を主として、二匹を離さず必ず一緒に住まわせてほしい
と書いてあった。
あまりの長さと内容に、途中で叔父と従兄弟夫婦、大叔母は呆れて帰ってしまったが
最後の行に、読みにくい筆で
「尚、この遺言状を最後まで読み、履行する者に株と家屋土地の権利を譲渡する、世帯が複数の時は等分にせよ」
と書いてあって、一応弁護士さん付きで最後まで読み通した両親と私唖然。
回りくどい事は一切しない祖父だったのに、なぜ簡潔に綴らなかったのか不思議でたまらない。
暇だったのか、猫二匹の為か…
人は亡くなる前に思いもかけない事をするものだなと驚いた。


973 名前:おさかなくわえた名無しさん@\(^o^)/[sage] 投稿日:2015/03/16(月) 10:21:41.78 ID:Oq0QfXw9.net [2/3]
ちなみに猫のチロとフクは、特に稀少種の猫ではなく
祖父が保護したらしい元野良のミックス
保護した経緯も遺言状に書いてあった。
戦国時代に武将同士がやり取りする書状みたいで解読したら、土日が潰れた。


(今まで生きてきて凄く衝撃的だった体験 126度目
http://nozomi.2ch.sc/test/read.cgi/kankon/1424341585/ )
posted by にゃん&チビ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 猫 その他 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/115229357
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック