ご注意
ネタは、猫について語らう類のスレから拾ってくることがほとんどです。
猫のことを話しているのが前提になっているレスが多いため、のっけから「うちの子は…」「姫が…」などで話が始まったら、「あぁ、猫のことね」と脳内補完をお願いします。
変なコメントを見かけたら→http://vapor.jp/2yan/comment.html

2008年07月04日

襖越しに猫に話しかけてはいけない

490 名前: 水先案名無い人 [sage] 投稿日: 2008/06/28(土) 23:02:33 ID:gxXvwj8o0
我が家には「襖越しに猫に話しかけてはいけない」という掟がある。

真夜中、人間が寝静まる頃、遠くからふたつの音が近付いてくる。
とっとっとっとっとっとっと(←猫の足音)
ごろごろごろごろぐるぐるぐるる(←猫の喉音)
それは人間の部屋の前までやってくると、襖を前足で踏み踏み、鼻をふがふが鳴らしつつ、
寝ている人間に愛らしい声で呼びかけてくるのだ。

「なーん(お部屋にいれてよー)」

これは人間が目覚めるまで続けられる。
その愛らしい声に根負けして、そっと戸を開けてやる分には構わない。
だが、戸を開ける前に、決して猫に話しかけてはならない。
猫の添い寝テンションがメントスコーラの如く噴き上がってしまうからだ。

「にゃー!にゃーん!ぐるぐるぐるるうるるふがふが」
(人間いた!一緒に寝る!部屋入る入るったら入ぁうぇ!)

夜の静寂を破るのは、
・襖がバリバリと切り裂かれる音
・襖の骨組みがメキメキバキリと折れる音
・こじ開けた穴を猫が無理矢理潜り抜けるメキメキという音
・猫が部屋へ降り立った、トンという足音

そして呆然とする人間の枕元に、喉をゴロゴロいわせた猫が当然のように
「布団開けて?」と擦り寄ってくる。
人間の腕枕で眠る猫と、隙間風の入り込む破壊された襖。
呆然とする人間の部屋に、真夜中の破壊音に驚いた家族がやってくる。
穴の開いた襖を見られ、人間はしこたま怒られるのだ。

襖越しに猫に話しかけてはいけない。
posted by にゃん&チビ at 12:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | うちの猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
ぬこは怒られないのか.....
Posted by at 2008年07月04日 12:35
ねこは悪くない。
人間は掟を破ったから怒られるのだ。
Posted by at 2008年07月04日 13:56
障子じゃなくて襖!
ぬこつおい!
Posted by at 2008年07月04日 21:26
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/16621848
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック