ご注意
ネタは、猫について語らう類のスレから拾ってくることがほとんどです。
猫のことを話しているのが前提になっているレスが多いため、のっけから「うちの子は…」「姫が…」などで話が始まったら、「あぁ、猫のことね」と脳内補完をお願いします。
変なコメントを見かけたら→http://vapor.jp/2yan/comment.html

2011年01月26日

一つの恐怖

376 名前: わんにゃん@名無しさん [sage] 投稿日: 2010/11/29(月) 18:55:23 ID:/iu36iT0
いま布団の中なんだけど、
さっきから横に暖かくてぷにょぷょした物体が潜り込んでいる。
手を突っ込んで探ってみると、毛も生えているようだ。
これは一つの恐怖にほかならない。


377 名前: わんにゃん@名無しさん [sage] 投稿日: 2010/11/29(月) 20:37:02 ID:hh8e0gOB
>>376
だったら 代われ!
posted by にゃん&チビ at 21:00 | Comment(10) | TrackBack(0) | うちの猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
リアルまんじゅうこわい。
Posted by at 2011年01月26日 22:59
怖いなら代わってやるから存分に藻下呂!
Posted by at 2011年01月26日 23:12
怖いならば、もっと怖くしてあげるか

饅頭追加しとくわ
Posted by at 2011年01月27日 04:50
それは猫なのは確実なんだろうか?
鼠だったり、他の安い動物だったりしたら冗談じゃなくて恐怖だと思う。
Posted by at 2011年01月27日 05:41
安い動物→野生動物
Posted by 訂正 at 2011年01月27日 05:42
安い動物ワロタ
実際にはあまりいなそうなw
狸でもヌートリアでも買ったらそこそこすんじゃね?
Posted by at 2011年01月27日 06:48
「うちのご主人様は枕元で寝ているのに、この布団の中の毛玉は?」
だったら確かに怖いわな。
Posted by at 2011年01月27日 10:09
恐怖といえばオカ板

950 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2006/05/27(土) 22:27:46 ID:6PgQLVOR0
400 :可愛い奥様 [sage] :2006/05/14(日) 00:39:11 ID:XVTN2reE
おばあちゃん大好きのおばあちゃん子の私なら、
自分のおばあちゃんを思い出して抱きついてしまうかも知れないなぁ。
なんで生きてる時にもっと会いに行かなかったんだろう。
今、おばあちゃんと一緒にお寿司が食べたいよ。

これだけではアレなので、ネコスレにも書いた事があるけど、
ネコの霊の話。

ある晩ネコが布団に入ってきた。
ちょっとおかしいなと思った。すでに自分の脇にはうちのネコがいるし、
うちには一匹しかネコはいないし、
完全室内飼いで、冬だったので部屋のドアも閉めていた。
そのネコは小さな小さな手で私の脇腹をフミフミはじめた。
それだけじゃなくパジャマをチュウチュウ吸いはじめた。
うちのネコではしない反応に、怖いのもぶっ飛んで、カワイイとしか思えなくなった。
うちのネコが太い声でゴロゴロ言うと、そのネコも小さな声でコロコロ言いはじめた。
ものごっつい幸せ。こんな人なつこい子猫サイコー!
濡れてて冷たかった子猫の体もだんだん暖かくなってきて、私は思わず
手をそっと握ってみた。指に触れる小さな肉球をグーパーしてる。かわいい。たぶん肉球ピンク。
そのうちに私は眠ってしまった。

次の日、霊感もちのうちの姉が私の部屋にきて
「あんたんところネコいったでしょ」って言った。
姉がそのネコを見た時は、交通事故かなにかにあったのかグチャグチャだったらしいけど、
朝方白いきちんとした体になって出てったらしい。
濡れてると思ったのは血だったみたい。
布団は特に汚れてなかったけど。
Posted by at 2011年01月27日 18:17
引かれた子猫が……あの世に逝く前に
痛みとショックを癒すために
950の布団にもぐりこんだのかと思うと泣く……
Posted by at 2011年01月27日 19:05
げぼくのあいでからだなおってそらもとべたにゃ☆
Posted by at 2011年01月27日 23:05
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/42918274
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック