ご注意
ネタは、猫について語らう類のスレから拾ってくることがほとんどです。
猫のことを話しているのが前提になっているレスが多いため、のっけから「うちの子は…」「姫が…」などで話が始まったら、「あぁ、猫のことね」と脳内補完をお願いします。
変なコメントを見かけたら→http://vapor.jp/2yan/comment.html

2011年03月27日

ここは私の!

469 名前: スペースNo.な-74 [sage] 投稿日: 2011/02/11(金) 17:06:49
うちのご主人たちは、下僕がいないと布団の中にはお入りにならない。
下僕が布団を温めてうとうと状態になった頃いらっしゃる。

姉姫様は下僕の頬をちょいちょいと触って起こし、右脇の下に納まる。
そこに妹姫様がくると「ここは私の!」主張をなさり、
それでも妹姫様が入ってくるとプイッと外に出て行ってしまう。
妹姫様は下僕をチュウで起こし、先に誰がいようがいまいが関係なく右腕の腕枕を所望される。
出て行った姉姫様は下僕の腹の上で殿と一緒に団子になってお休みになられが、
2時間くらいするとまたやってきて、今度は妹姫様と下僕の間に割って入りお休みになる。

ちなみにいっつも空いてる左側には、月に1度位の割合で殿がお休みになる。
下僕の腹を枕にしてよりかかり、腕を抱き枕がわりにされるんだ。

幸せだ・・・
posted by にゃん&チビ at 21:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | うちの猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
そうか、もげろ
Posted by at 2011年03月27日 21:19
m!
g!
r!
Posted by at 2011年03月27日 21:29
という夢をみながらマッチ売りの少女は安らかに天に昇るのでした
Posted by at 2011年03月27日 22:11
と、そのときマッチ売りの少女に
Posted by at 2011年03月27日 22:24
もがれたのであった
Posted by at 2011年03月28日 09:13
寝返り打てなくて辛いだろう?オレが変わってやるよ。
Posted by at 2011年03月29日 15:44
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44003565
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック