ご注意
ネタは、猫について語らう類のスレから拾ってくることがほとんどです。
猫のことを話しているのが前提になっているレスが多いため、のっけから「うちの子は…」「姫が…」などで話が始まったら、「あぁ、猫のことね」と脳内補完をお願いします。
変なコメントを見かけたら→http://vapor.jp/2yan/comment.html

2011年09月07日

パキュッ

550 名前: な〜ご [sage] 投稿日: 2011/07/05(火) 23:24:43.82 ID:ig047xaD0
自販機でジュース買うと、傍を猫が横切っていった。
さて飲もうとプルタブを空けると猫が振り向いた。

お前は純粋に物音に反応したのか、それとも猫缶空けた音と勘違いしたのかどっちだ。
posted by にゃん&チビ at 21:00 | Comment(61) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加
この記事へのコメント
(´・ω・`) ああ・・・身体冷たくなってきちゃったな・・・・

(´・ω・`) なんだよ、泣くなって、俺が先に逝くのが当たり前じゃん

(´・ω・`) ・・・・・幸せだったぜ

(´・ω・`) なぁ・・・、泣くなってば

(´・ω・`) 俺充分生きたんだぜ、20年だぞ20年

(´・ω・`) あとな、俺が死んだら代わりの猫飼え、これ最後の命令な

(´^ω^`) おっ、兄弟が迎えにきた、子供のとき以来だな

(´-ω-`) じゃあもう行くぜ

(´-ω-`) ありがと・・・な・・・・・

(´-ω-`) ・・・・

猫缶< パキュッ

(`ФωФ') カッ
Posted by at 2011年09月07日 21:31
既に猫缶コピペが既にwwww
Posted by at 2011年09月07日 21:43
猫缶コピペを見るとなぜか目から汁が…。


俺、エアなんだけどな。
Posted by at 2011年09月07日 22:46
猫缶コピペは前半を下僕1。
パキュ以降を下僕2で想像してます。


下僕1の膝の上で眠そうな猫さま
それに嫉妬する下僕2


猫さまが猫缶を食べる後ろで
下僕1「ちょ、なにすんだよ。
    せっかく良い雰囲気だったのに!」
下僕2「また、猫が死ぬところ想像してジメジメたくせに!
    まったく縁起でもない!」
下僕1「バカ、これは大切な事なんだぞ!
    いずれはそうなるんだぞ!」
下僕2「うちの猫はまだ5歳だからあと10年は大丈夫ですよぉ!」
以下略

という会話を想像すると悲しくないw
Posted by at 2011年09月08日 20:05
>米4

そのネタいただくわ。
パキュッのあとはあまり考えないようにしてた(w
Posted by at 2011年09月09日 21:52
うちの猫は1歳3ヶ月。
でも子猫のときから、ずっと病院にかかりっぱなし。昨日も行ってきた。
血便、血尿、結膜炎のKKKに、ねこかぜ寄生虫などなどなど。
かわいいこのこが病気になるたびに、胸が締め付けられる思いで、いつかくるその日を考えずにはいられなかった。

最近、だいぶ元気になって、甘えたり大暴れしたり、回復してきたみたい。
うちのこは、4キロ以上あるけど、子猫のときと全然かわらないかわいい顔してるし!
まだ1歳だもの。うちのこも、まだ10年は大丈夫!

ありがとう米4!
なんだかすごく元気出たよ。

楽しいにゃんねるなのに、しみたれた米してごめんなさい。
でも、すごく癒されたよ。
サンキュー
Posted by at 2011年09月10日 09:56
↑お母さんから貰った免疫から自分で作り出す免疫に切り替えの時期なのかも。
愛情がお薬。下僕の元気がお薬。ヾ(´・ι_,・`)元気だせよ
Posted by at 2011年09月11日 17:16
アロマが香る缶コーヒーの広口の蓋をあけたら、
ご主人様すっ飛んできたよ=3

グルメなおぬこさまが音間違えるか〜?と思っていただけに・・・orz
Posted by at 2011年09月11日 17:27
猫缶とは違うけど、近所の家が魚焼いてたら
ベランダにいたうちの猫が我が家の台所にすっ飛んできたことがあった。
来た瞬間、リアルに「あれ?」って顔をした。
Posted by at 2011年09月14日 10:44
うちの猫は猫缶の代わりに煮干しの入った袋に
似た音がすると目を輝かせて飛んできやがる…
Posted by at 2011年09月14日 13:09
袋ガサガサわかるわー。
Posted by at 2011年09月14日 17:45
うちの黒猫は、夜10時以降に私が少しでも動くと「ケケケケッ」と言い出す。。。orn
おチビの時にその時間帯によく遊んであげてたのが原因です。
Posted by at 2011年09月16日 10:39
>米12

事情を知らないと、ちと怖いな…( ̄▽ ̄;)
Posted by at 2011年09月18日 17:18
管理人さん。。。夏休みですか?
Posted by at 2011年09月20日 03:08
台風のせいで、珍しく全員(5ニャンズ)おねむねむ
Posted by at 2011年09月21日 05:04
ちゃんと台風を分かってるのかぁ…いいなぁ賢くて。

うちの今は亡き暴走猫なんて数年前、台風の暴風域真っ盛りの中、外へ出せー!と暴れましたぜ。

仕方なく、窓を少し開けて外の荒れ狂う様を見せれば流石のおばかも諦めるだろう…

…と思ったら、お目々らんらんで飛び出してった…orz

おのれは一体どこの自警団員だ…!?(-.-;)
Posted by at 2011年09月21日 14:55
感動した猫話。猫成分補給!

79 名前:本当にあった怖い名無し[sage] 投稿日:2011/09/21(水) 08:48:50.85 ID:XoHbbuFe0
そんな腐れハンターが手放したと思われる、
びっくりするくらいアホな元猟犬がうちに二頭いる。

前の台風で実家の裏山が崩れて避難する時、
パニクった犬が人間にまとわりついて逃げられなかった。
とりあえず犬はここにつないで、年寄りを避難させてから…と思っても
興奮した犬が暴れて、なかなかつなげない。
雨はどんどんひどくなるし、眼下の谷の水位は増していくし、
もうダメだ、犬を落として逃げるしかない…と思いつめたところで
背嚢に詰めていた猫が、破れ目から顔を出し、犬を一喝。
耳を聾するような豪雨の中だったんだけど、
何故か猫の声ははっきり聞こえた。犬も急にショボン。

犬をその場につなぎ、年寄りと猫を避難させ、
戻ってきて犬を連れて逃げて、全員無事だった。
それから30分もしないうちに家の前と道路を結ぶ道が土砂に埋まり、
モタモタしてたら危ないところだった。
猫が助けてくれたんだと思ってる。
Posted by at 2011年09月22日 00:52
猫成分補充ありがとう^^ 感謝♪
Posted by at 2011年09月22日 11:45
大作映画を一本観終えたような感動の読後感!
言葉のスキマから出てくるを脳内補完し再生。
体のすみずみに染み渡る、ほじゅー。
Posted by at 2011年09月23日 13:21
『台風12号による豪雨で、飼い主の命救う黒猫アンちゃん』もニュースになったね。
。・ ゚・。* 。 +゚。・.。* ゚ + 。・゚・(ノД`) よかったね
Posted by at 2011年09月25日 13:45
| |д・) ソォーッ…
お昼休みも下僕集会やってないなぁ。。
ご主人様、今頃なにしてるかなぁ。。
ご飯よりも猫成分を補充したい時もある。。そんなセンチメンタル北風。。
Posted by at 2011年09月28日 12:31
仕事中、ふっと気が抜けたときや、
お手洗いへ行って一人になったときや、
お茶で休憩のときに…

今朝も出がけに玄関でお見送りしてくれたなぁとか、
出かける前の3分の時間でいっぱいなでなでしてごろごろ言ってくれたなぁとか、
夕べも追いかけっこして遊んで楽しかったなぁとか、

思い出してはにやにやするのが楽しみです。
Posted by @ at 2011年09月28日 13:30
最近、膝での滞在時間が長くなったり
夜、お布団の中に入ってくる毛皮を堪能したり
ご主人様が食欲の秋で肥えた&冬毛で輪郭が丸くなったり
良い季節になりました。

下僕のいない昼間は日向とともに寝場所が移動する
猫時計のお仕事を頑張っていると思う。
Posted by at 2011年09月28日 19:21
あのぅ、管理人様はNNNと提携していらっしゃるのでしょうか?こちらのサイトを知って来させていただいているうちに、なぜだかご主人様がどんどん増えていくのですよ。いえ、私的にとても嬉しいのですが……いささか限界です。



ただいま16のご主人様持ちの下僕より
Posted by at 2011年09月30日 03:49
私もここを見るようになったら
何故かペット可の部屋に引っ越したくなって
引っ越しが落ち着いた途端に
会社の人が今のご主人様を拾ってきた。

ここがNNNと提携しt・・・
あれ、こんな早朝に誰か来た・・・
Posted by at 2011年09月30日 06:46
だから、出ちゃだめだって
Posted by at 2011年09月30日 11:37
いや、ここは出てお勤めをするべきだろう(笑)
Posted by at 2011年09月30日 15:05
*´A` じゅ、じゅうろく・・・。

十六神将!?
もう天下取っちゃいなよ。
(`ε´;)うらやましくなんかないもん。
Posted by at 2011年09月30日 21:21
白と黒、白いほうがつやつやすべすべするのはなんで?

ほかの毛色のぬこさまはどうですか?
Posted by at 2011年10月03日 19:58
んん?
白くてほわほわふかふかしてて、
黒くてツヤツヤテラテラしてるやつもいるよ?

書いてて萌えた////
Posted by at 2011年10月05日 15:22
毛の長さに関係するよね。
長すぎても短すぎてもダメ。
気持ちいいのはキジ系に多いと思ってる。
Posted by at 2011年10月06日 09:47
毛皮といえば、先日某SNSで交流のある下僕さんとこのご主人が虹の橋を渡っていかれたのだが、エアな自分はどう声かけたらいいかかなり焦って迷った。
その時、丁度こちらで毛皮を着替えて戻ってくるという話をちょくちょく見かけてたのを思い出してそれを伝える事にした。
その下僕さんは着替え云々を知らなかったらしいが、他の友人さん方からは続々と着替える旨のコメがあってちょっと笑ってしまったw

にゃんねるありがとう!
おまいらありがとう!
友人下僕さんとこにご主人が早く戻ってきますように!!!
Posted by ゆ at 2011年10月06日 14:25
ウチの子は三毛だけど、白い毛が一番柔らかくて、次が茶色、黒が一番硬いよww

微妙に硬さが違うんだなww
Posted by at 2011年10月06日 15:09
柔らかさも微妙に違うし、白い毛のほうが気持ち長めだよね。

うちのご主人様も毛皮を着替えて帰ってきましたよ!
出会いもおんなじ状況、で成長したら瞳の色もおんなじです。
毛皮の模様は、ちょっと違うんだけど。
性格は怒りっぽくなってた・・・。
いっぱい色んな本を読んだけど、性格が変わって生まれ変わる事も書いてあった。

はっきりとした確信は、ご主人と下僕の間の他人にはわからない絆だけ!

みんな、しあわせになれ!
わたしも、にゃんねるとここのおまいらがすきだ。
Posted by at 2011年10月06日 19:37
夕べ脱走しやがりました。
探しに行くと隣の家の車の下。
野良さんも近くにいて本人は怖いのかパニクってがおがお叫んでいる。
呼んでも出てこないので這いつくばって引きずり出そうと手を伸ばしたら
バシバシ猫パンチ。
でも、ぐーだった・・・
パニック中でも気を使ってくれてありがとう。
下僕感激。
Posted by at 2011年10月09日 18:25
あ 人んちで日記してすまん。
Posted by at 2011年10月09日 18:26
問題ない
続けるんだ
Posted by at 2011年10月09日 18:47
続編は?
Posted by at 2011年10月10日 03:29
おはよ〜
え?づづき?--;

下僕に抱きかかえられて家に戻った王子は
一目散にトイレにかけこみますた。
外でシコできないお行儀いい、さすが王子であった。
たいしたつづきでなくてすまん。
Posted by at 2011年10月10日 09:28
ポヵポヵ c(`;ω;´ c)つ っ≡ 下僕の バヵバヵ

愛を感じるな。
野良ちゃんも見守り乙。
Posted by at 2011年10月10日 19:59
この場は微笑ましい猫話なら許してもらえるから、沢山書いていってくれww

むしろ、猫成分補充で喜ばれるぞ(^∀^)
Posted by at 2011年10月11日 16:25
週二回くらいだが、仕事帰りに現れるオスのキジ猫がいる。
よその家の飼い猫で、家の前を通ると門扉の下からにゅるっと出てくる。
それでにゃあにゃあ言いながら小走りで私を誘導し、
決まった場所につくとコロンコロンするわ、頭突きまがいのスリスリをするわ、
撫でようとすると両手でつかんでなめまくるわえらいなつきっぷり。
その後私の家の前までついてくる始末だ。理性が試されている気がして仕方ない。
Posted by at 2011年10月12日 15:56
↑その猫様はNNNの精鋭偵察部隊・・・。
あとは住環境のチェックがOKなら
NNNに登録されます・・・w
Posted by at 2011年10月12日 18:54
NNNから新たに派遣されてくるのか、キジ猫さんの休日がかぶらない別宅になるのか・・・。
新たな展開の報告を待つ。щ゙(゚Δ゚щ゙)

伝説をリアルで見せてくれ(`・ω・´)ゞビシッ!!
Posted by at 2011年10月12日 19:58
気に入ってたんだけどここももう終わりか。

代わりっていっても、ねこメモは重いしな…
まあjavaスク切ればマシになるし移動するわ
Posted by   at 2011年10月14日 15:40
更新されないし、肉球もなくなった。
もう、終わりなの?
Posted by at 2011年10月15日 10:30
でも、たまに来て、昔のヤツとか読んじゃう。
そして幸せな気分になっちゃう。
Posted by at 2011年10月15日 16:54
昔の記事も膨大だから飽きないですよね
にゃんねる大好き
Posted by at 2011年10月15日 18:06
wa、わたしだってだいすきなんだからねっ!別に張り合ってなんかないんだからっ///
Posted by at 2011年10月18日 23:19
にゃ〜ん
Posted by at 2011年10月19日 21:10
もし通りすがりの猫が迷子で家で貰ってた缶詰の音に反応したとすると悲しい
Posted by at 2011年10月20日 20:42
いつかペット可の部屋に越すんだ…。二匹のご主人様をお迎えするんだ…。就活中だけど頑張る。
Posted by at 2011年10月21日 11:30
↑就活頑張れ!幸せになる呪いをかけとく^^
Posted by at 2011年10月21日 13:49
頑張れビーム(@・`ω・)v・・・・・・…━━━☆

NNNに登録されると、通いのコもやってくるよ

パキュ〜ゥ水羊羹は、隠れて食べないとdでもない目に会う。。。
Posted by at 2011年10月21日 19:53
ぬこ成分補充タイムでござる

647 名前:おさかなくわえた名無しさん[sage] 投稿日:2011/10/21(金) 12:50:06.80 ID:Kz+RaBmN
母が亡くなって数年、私も一人暮らししているので父も一人きり。
そんな父から「今週帰ってこないか」とメールがきた。珍しいな、と思いつつ
家に帰ったら、リビングに床から天井まであるキャットタワー、猫トイレ、
おもちゃ複数が散乱してた。え、猫飼ってるの?とテンション上げたら
身長180の厳つい顔の父はしょんぼり肩を落としてテンションが低い。

先日、外の物置の前にいた子猫を保護し、そのまま飼うことにしたものの
子猫がちっとも懐かないし威嚇されまくり、とのこと。
はて、と袋に潜む猫に近づいたら、ごーろごーろと喉を鳴らしてていた。
「な、威嚇してるだろ・・・ずっとこうなんだ」と相変わらずしょんぼり。
私が猫を触ろうとすると「馬鹿!子猫でも爪は鋭いんだ!」と慌てる父。
子猫は私の手にすりすり。ねえ父、このごろごろ音は愛情表現だよ、
と言うと、ぽかーん。恐る恐る手を差し出す父にも子猫はすりすり。
でっかいおっさんが一瞬で、パアァっと効果音出そうな笑顔になった。

後日、「猫の雑誌買ったら本当にごろごろ音は信頼の証って書いてある!」
と興奮気味に電話きた。無口な父が突然、猫のおかげで明るくなったよ。
母がアレルギー気味だったから金魚しか飼ったことなかったし、
黙っていたけど動物大好きだったとのこと。
遠方の兄が帰宅した時も猫に一生懸命話しかけてて、兄に気づいた瞬間、
キリッとなったけど手元の猫じゃらしは止まらなかったそうだ。
Posted by at 2011年10月21日 23:17
↓なごんだw

管理人さん帰ってこないかなぁ。

毎日毎日の癒しです。
何回も読み返してます。

大好きなサイトです
Posted by at 2011年10月21日 23:48
「バキュッ」もだけど
「ガサガサッ」も飛んで来ませんか?
何だと思ってるんだろう・・・
Posted by at 2011年10月22日 11:09
あ〜、うちのこ、カサカサ派です。
Posted by at 2011年10月23日 00:25
私がソファーに座ると、
膝に乗り、腹を上り、胸で丸まり、左頬に顔をくっつけて温まる。
そんな寒い季節が、今年もやってきました。

幸せです。
Posted by at 2011年10月23日 09:45
ぬこが毛布の上で寝ていたので、そっと添い寝したら
嫌そうな顔をしながら立ち上がって別の場所に
移動されてしまいますた。
取り敢えずゴロゴロは言うけど、腹見せくねくねは
一度もしたことないし、抱っこも嫌う。
下僕は寂しぅございます(´;ω;`)
Posted by at 2011年10月23日 14:59
最近、下僕は姫のお手を拝借して癒していただいております。すでに一般的な方法でしたらご容赦くださいませ。

まず、ご主人様をだっこします。真正面や真後ろからですと体制に無理が出ますので、横かななめ気味でだっこ。ご主人様の自由になるほうの御手をそっと握ります。あとはご主人様の肉球を拝借し、下僕の顔面をおでこやら、頬やらをポスポストとタッピング。
肉球のフニフニ感を堪能してください。幸せな気持ちになれます。

ご主人様のご機嫌や、性格によっては血を見ることにもなりかねませんので慎重に…

お試しあれ!

ときにう○ちのほのかな香りに包まれることもあります。
Posted by at 2011年10月23日 22:19
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/47776325
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック