ご注意
ネタは、猫について語らう類のスレから拾ってくることがほとんどです。
猫のことを話しているのが前提になっているレスが多いため、のっけから「うちの子は…」「姫が…」などで話が始まったら、「あぁ、猫のことね」と脳内補完をお願いします。
変なコメントを見かけたら→http://vapor.jp/2yan/comment.html

2008年11月17日

取引先のアメショ様

387 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/11/07(金) 20:36:28 ID:ZbBI9UJm
本日、取引先にお邪魔したところ
その事業所に君臨なさる王より腹モフリ強要のぎゃくたいを与えられますた。
アメショで大変貫禄あるお姿で下僕は感服いたしましたが
その…仕事なんです…膝占領はおやめ下さい。打ち合わせできません。
本来下僕様が何度引き離しても膝に戻ってこられるのは嬉しいやら悲しいやら。
予定時間を大幅に過ぎて何とか終わらせましたが大変ですた。


→以下、妄想大暴走。
posted by にゃん&チビ at 18:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年11月16日

プチ家出中のぬこさん

564 名前: ななしのいるせいかつ [sage] 投稿日: 2008/11/09(日) 23:46:06
まったりDSで遊んでいたら、ドアの向こうからおろおろしたようなぬこの声がした。
家から飛び出すと、階段の踊り場にでっかいぬこさん。
撫でくりまわしつつ調べてみると、毛並みツヤツヤだし、ふっくらさん。
多分飼いぬこさんがプチ家出してお家が分からなくなったみたい。
その後ぬこさんを抱っこしあたりをうろうろしてたら、半狂乱の飼い主さんに出会っ
て家出ぬこさんは飼い主さんと一緒に無事帰宅されましたとさ。

その後、放り出したDSの電源が落ちててそれまでのプレイがぱぁになってたとさ orz
でもぬこさんが無事でよかった。
posted by にゃん&チビ at 18:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

宅配屋さんと猫(3)

35 名前: わんにゃん@名無しさん [sage] 投稿日: 2008/06/29(日) 09:58:17 ID:VqnLyyLw
宅配の仕事をしてるんだが、玄関先でインターホンを押してお客さんが出てくるのを待っていると
おそらくその家で飼われている猫が、足もとに擦り寄ってくる事がよくある。
で、2人で並んで玄関のドアが開くのを待ってる。


でもお客さんが留守の時はそのまま立ち去るんだが、そうすると猫が
「え!?行っちゃうの?だってドア開いてないよ?
え?なんで?
え?」
て感じで玄関と俺を交互にキョロキョロ見ているその姿がまた愛らしい。

でも、ちょっと申し訳ない気持ちになってしまいます。




>>宅配屋さんと猫(1)

>>宅配屋さんと猫(2)
>>宅配屋さんのごめんにゃさい
posted by にゃん&チビ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年11月13日

全力疾走ぬこ

374 名前: 逝け袋キター!愚痴 [sage] 投稿日: 2008/11/11(火) 12:37:32 ID:???
今日出勤中に近所の空き地を全力疾走する三毛ぬこを見かけた。
野良ぬこに餌をあげて回ってるおばさんが来る時間に遅れまいと疾走中だったらしい。
ぬこの全力疾走って初めて見たけど、ライオンやチーターと同じ足の運びみたいだった。

間に合ったのかな、ご飯。


375 名前: 名無し三等兵 投稿日: 2008/11/11(火) 16:22:11 ID:aTBX7SNH
ぬこでも特に俊敏で高速なのがシャムとアビシニアン
ウチで飼っていたシャム猫は近所の雄猫連中の追撃を悠々とかわして帰投するのが常であった


378 名前: 名無し三等兵 [sage] 投稿日: 2008/11/11(火) 21:00:43 ID:???
>>374
フレックスだった頃の癖が抜けなくて朝寝坊でもしたのだろう
posted by にゃん&チビ at 15:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年11月07日

誰か貰い手無いかねぇ

965 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/10/26(日) 21:18:31 ID:BlxrP653
久しぶりに小さい路地の市に出かけた
ここ2月くらい事情があっていけなかったんだ
いつもの小さいくだもの屋兼八百屋へ

そこ、2月くらい前に顔目やにでガビガビの子猫が迷い込んで、
「あけっぱなしだからそこらにいつも居るんだよ、誰か貰い手無いかねぇ」
とおばちゃんが俺にも声をかけたりしてたんだ

猫まだ居た(*´Д`*)
それも真新しい新品の首輪付けてふっくらして綺麗になってた!
お前良かったなーと思ってたらおばちゃん
「誰か貰ってくれないかねぇ賢くていい子なんだよ」
え?!( ゜д゜) ェェエエ工工
「呼べば答えるし、ね、みゃー(仮名)ちゃん」 ニャー
 Σ (´・ω・`) 
「本当に賢いでしょ、お行儀良くてアタシがあげるものしか食べないのよ、
 店のものに手付けた事も無いし」
は?(´ ゜д゜) あのーどっから突っ込めば・・
ミャー
「あーもうそんな時間、アンタは本当に賢いねぇ」
いそいそと店の奥に上がるおばちゃん、足元纏わり付いていく猫
奥から聞こえるおばちゃんの猫撫で声とサーというカリカリの音、それにミャイミャイという声を聞きながら
俺はこんな顔で立ち尽くしてたさ
   _, ._
  ( ゜д゜ )  
posted by にゃん&チビ at 18:00 | Comment(6) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

喫茶店の看板ぬこ

721 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/10/31(金) 21:57:28 ID:1fm+B9GL
某喫茶店の看板ぬこ
私が着席して膝の上にカバン置いてごそごそやってると後ろから
ちょっと不満げににゃー
用事終わってカバンを床に置くといつも通り膝に飛び乗り10分程くつろいだ後
別のソファーで丸くなって就寝
帰宅したら上着がちょっぴりぬこ臭かった
posted by にゃん&チビ at 15:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年10月31日

ちょっとだけだから撫でさせて!

75 名前: 本当にあった怖い名無し [sage] 投稿日: 2008/10/26(日) 01:56:50 ID:KzFVDFjlO
家の近くにフサフサモフモフな野良猫がいる。
いつも触れる距離までは近付けるんだけど、触ろうとすると嫌がるので遠慮していた。
ある休みの日もモフ猫が定位置で日向ぼっこしていたんだ。
いつもの様に近付いて撫でよう様として嫌がられた時、「ちょっとだけ!ちょっとだけだから撫でさせて!」
って聞こえる様に言ったら「ニャー」と鳴いたあとふた撫でだけ撫でさせてくれた。
やっぱ猫は人の言葉解るのかもしれんね。
次はお土産持って行く事にする。
posted by にゃん&チビ at 18:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年10月28日

ご近所の猫によるぎゃくたい

916 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/10/25(土) 19:25:42 ID:7ZxSVEhs
ご近所の飼い猫(白)に、ベランダから上がりこまれて胡坐の中に納まられ
腕枕を強制され(服の袖に爪ひっかけて、ねこ様の顎の下に引っ張り込まれる)
そのまま小一時間ゴロゴロゴロゴロされるぎゃくたい。
枕にされていないほうの手でモフモフしてたが、途中で止めると
「にゃっ」と一声鳴いてじーーーーーっと眼をみられるぎゃくたい。
そうこうしているうちに日が暮れ始め、寒くなってきたところに
ねこ様の相方(きじとら)が通りかかり「あ、白が居る。自分もあったまっていく」と
さらに胡坐のなかにあがりこまれるダブルぎゃくたい。
電気を点けに立つことも許されず、薄暗い中でベランダ開けっ放しで
その窓辺に座り込み続け、表を通るひとに不審な目でみられるぎゃくたい。
posted by にゃん&チビ at 12:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年10月25日

モフモフの障害

309 名前: ななしのいるせいかつ [sage] 投稿日: 2008/10/24(金) 13:38:31
通勤途中に廃業したお店があり、そこのガラス戸の前にはちわれの
ぬこ様がたたずんでいらっしゃる。
目が合うと「遠慮せずともよい」と寝そべってくださるのだが
ドアにはいつも鍵がかかっていてモフモフできない・・・

見つけあうだけで触れ合うことは叶わない・・・
なんかこういう悲しいおとぎ話があった気がする。


311 名前: ななしのいるせいかつ [sage] 投稿日: 2008/10/24(金) 13:55:07
そういえば、ある春の休日、
お店の前にしろねこが横たわっておった。
近づくと、すごいメンドクサそうな顔でもふもふさせてくれた。

すると、お店のサッシの向こう側にワラワラと3匹のサバトラがやってきて
こっちもなでろや〜と窓ガラスにスリスリくねくね。
お店はお休みで中は誰もいない。サッシも開かない。
………。
開いてたらモテモテだったんだぜ?
posted by にゃん&チビ at 12:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年10月23日

墓石に向かうオッサンと猫一匹

666 名前: わんにゃん@名無しさん [sage] 投稿日: 2008/10/22(水) 22:58:38 ID:3wmngTgm
もう十年ぐらい前の話。
親父の墓参りに行ったときの事なんだが。

一通り掃除が終わって、さて拝むか、と思っていたらそいつが現れた。
いわゆるキジトラという奴か。俺の手より少し大きいぐらいだったから
たぶん体の大きさは20センチぐらい。間違いなく子供。

「おや、ここで猫を見るのは珍しいな…」
と思ってそっちへ手を伸ばそうとしたら、いきなり腹を見せてコロンと
横になりやがった。

「ちょ、俺はそういう人に媚を売るような真似は…」
「…」
「…」
「…まぁあんまり嫌いじゃない」

数分間モフってたような気がする。
「父さん、ちょっとすまん」と思いながら。


いつまでもそうしているわけにも行かず、墓の方に線香とロウソクを設置した。
で、手を合わせながら、やはり気になるので、そいつのいるほうを見ると、
いつの間にか、ちょこんと座った体勢になって、墓石のほうを見つめていた。
俺のほうではなく。
「お前、まさか俺のやってることの意味が判ってる訳じゃないよなぁ」
と、頭では思いつつも、なんか感情がこみ上げてきた。

昼下がりの中、墓石に向かうオッサンと猫一匹。
俺は少しだけカメラを趣味にしているんだけど、このときは自分が幽体離脱して
このシーンを後ろから撮りたいと思った。


以来、墓参りのたびにネコエサを買ってから行っているのだけれども、未だに再会を
果たせていない。まぁ今後も期待しつつずっと同じ事をするんだろう、俺は。



>>墓石に梅の花
posted by にゃん&チビ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

バイクカバーと猫

258 名前: ななしのいるせいかつ [sage] 投稿日: 2008/10/17(金) 23:37:50
最近2週間位バイクのバイクカバーの、テント状なのを気にいられて、野良猫さんが毎晩休みに来られる。
今朝バイクカバー外してる時に、初めてヒッチハイクしてる猫さんの姿をみた。

バイクのシートの上には白い毛と、なんか痛そうなしみもある。

夕方帰ってきたバイクのシートは、安心なぬくい場所だよな。

朝までゆっくり寝とけと思う。

シートのしみなんか全く問題無い。
posted by にゃん&チビ at 15:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年10月21日

おりこうノラヌコ

699 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/10/21(火) 11:59:53 ID:8SbjJ0eH
踏み切りで列車の通過を待っていたとき。

ノラヌコが線路方面にいこうとしてた。
思わず声がでて
「危ないから電車が通過するまで待っておこうね。」
といった。(周りにヒトはおらず)

言葉とおり待ってたヌコ。
ワタシの側で。

えらいぞ!ヌコ!
posted by にゃん&チビ at 21:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

罪な猫

517 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/10/13(月) 01:21:35 ID:lYaT5V8R
朝、出勤途中に歩道の真ん中に猫が日向ぼっこしてた。大通り横の歩道だから、人の行き交いも多いというのに真ん中に鎮座
すぐ傍を人が通っても気にしない。この猫は良く見かける子なんだけど、前も通り裏にある駐車場出口の真ん中でくつろいでた
駐車場の中では、野球服着た人達が車に乗り出ようとしてたんだけど、猫がゴロンしてるから車が出せない。2、3人が外に出て
猫に近寄り、「ほらどいてね」みたいな感じでツンツン触るんだけど猫は兄さん達にスリスリ…兄さん達も抱っこしてどけけたら良いのに
何時までも、ちんたらとチョイチョイ触るだけで本気で、どいてもらう気がないのか戯れてた…ふっくら鯖トラっ子。罪な猫さ…
posted by にゃん&チビ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年10月20日

そんな声出したって

792 名前: ななしのいるせいかつ [sage] 投稿日: 2008/09/23(火) 19:03:22
猫って人間の気配察するのすごくうまいのな。
何時に帰宅しても、何時に起きても、台所に立つと呼ぶ。
在宅してても風呂入ってる時や寝てる時間には静か。
台所に立つと、呼ぶ。
「うみゃぁん」「ぅうんなぁ〜ぅん」「にゃぅっ、みゃうぅっ♪」
そんなかぁいらしい声出しても、おまいがつり目のオッサン顔だってことは知ってるんだ。
そんな声したって、そんな声出したって・・・・

サンマ持ってけばいいんだろーっ!

おかげで近所じゃすっかりうちの猫認識だぜ。早いトコ去勢しないとな・・・。
posted by にゃん&チビ at 18:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年10月19日

夜道の猫紳士

247 名前: ななしのいるせいかつ [sage] 投稿日: 2008/10/17(金) 16:29:28
ある夜、仕事ですごく遅くなって、
街灯のない暗い道をビクビクしながら歩いて帰っていたら、
横からすうっと一匹の猫が現れた。少し小さめの、まだ若そうな茶トラ。

こちらが手招きした後か前か、向こうから駆け寄ってきて、
私の足にゴチンしてきて、ひとしきり撫でさせてくれた。
首輪はしてなかったけど、綺麗な毛並みで飼い猫にも見えた。
それと、立派なタマタマを確認したw

「食べ物は持ってないよ」とは言ったが、何かねだる様子はなくて、
歩こうとする私の足に、スルスルと8の字に纏わりつきながら一緒に歩いた。
「ちょw 危ないよ、踏みそうw」と焦りつつも、可愛くて心強くて、嬉しかった。
ときどき足から離れて、先導するように私の前に立ったりもした。

どこまでついて来るのかな〜と思ってたら、
街灯が見えてきた所で彼はピタリと立ち止まった。
縄張りがそこまでだったのか、俺の仕事はここまで、ということなのか。

「ありがとね。あんた紳士だね」
そう言って撫でて別れて、一度振り返るとまだ座って見ててくれた。
二度目振り返ると、颯爽と去っていく後姿だった。
posted by にゃん&チビ at 21:00 | Comment(5) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年10月18日

今夜のプリンが硬い理由

282 名前: 名無し三等兵 投稿日: 2008/10/18(土) 04:21:01 ID:duB5y7PV
夜中にコンビニにプリン用の牛乳を買いにいって、
店を出たら、チャリのところに子猫が2匹。

しょうがねぇからちょっとおすそ分けしてやるかと思って
店の脇に回ったら、もう一匹出てきた。
トリオ・デ・コヌコ ですよ。

リサイクル箱からトレー拾ってたら
また奥のほうから走ってきて増えやがった。
カルテット・デ・コヌコ

もうね、ズボンのすそにしがみつく奴あり、
ちょっと離れたところにお座りする奴あり、
なーなー鳴く奴あり、関係なく遊ぶ奴あり

結局牛乳の半分はカツ上げに近い状態で
呑まれてしもうた。

プリン、硬めでカラメルも苦めだが、なぜか旨い。
posted by にゃん&チビ at 12:00 | Comment(7) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年10月14日

変わり者

686 名前: ななしのいるせいかつ [sage] 投稿日: 2008/09/20(土) 00:51:59
顔見知りの半ノラの猫。昨日(金曜)の朝7時前後に会ったんだけど、雨が降って
いるのに体が一部、濡れるところに出てた。だからちゃんと全身、物陰に入れよー
と声を掛けたんだけど、聞きやしない。「まあいいからモフれ。とりあえずモフれ。
そんなことはどうでもいいからモフれ」ひたすらその繰り返し。いや、だからおまい
濡れてるじゃんかよ…ho orz

モフらせてくれるのは嬉しいんだけど、雨に濡れて冷たかったり肌寒かったりは
しないのかと心配だよ。風邪ひくなよ…。

ちなみにこいつは初対面の時、仰向けでずりずり這いずって寄ってきてモフらせて
くれた、かなりの変わり者w 知り合って2年以上経つが、相変わらず仰向けで
ずりずり這いずって寄ってくることが多い。本当に変わり者だw
posted by にゃん&チビ at 18:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年10月13日

頼んだぜ

905 名前: おさかなくわえた名無しさん [sage] 投稿日: 2008/10/12(日) 15:25:01 ID:yDmAgRsz
さっき、昼食をとるために蕎麦屋に行った。駐車場で車から降りると、
どこからか必死な感じの子猫の声。反射的に周りを見回し、猫を探すおいら。
声のほうを見ると、コンビニの袋を提げたにいちゃんが、ジャンパーの前を
押さえながら歩いて来た。前を通る時、ジャンパーの胸元から、黒い小さな
三角形がぴょこんと2つ飛び出ているのが見えた。コンビニの袋の中は猫缶
のようだ。
拾ったばかりなのかな。にいちゃん、その子を頼んだぜ。
posted by にゃん&チビ at 12:00 | Comment(3) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年10月01日

送り迎え猫

38 名前: 花花公子(catv?) 投稿日: 2008/08/06(水) 12:57:45.33 ID:IIL/h8JjQ
近所に、送り迎え猫がいるわ。
飼い主さんが帰るまで、その場で寝てるか一旦どこかに去る。
で、帰る時間に飼い主さんの「帰るよ」の呼び掛けにどこからともなく「みゃーん」と鳴いて家に連れだって歩いていくのをよく見る。
前に、いつもより遅い時間に飼い主さんの「帰るよ」の声が聞こえたと思ったら「フギャーギャーニャーフーッ」って猫の怒ったような声と、飼い主さんの謝る声が聞こえてワロタ。
posted by にゃん&チビ at 18:00 | Comment(1) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加

2008年09月30日

ぬこ貞子

224 名前: わんにゃん@名無しさん [sage] 投稿日: 2008/09/09(火) 00:00:26 ID:HwKcvIzc
台所の窓に張ってあるワイヤーネットがギシギシ揺れるので、強い風だなぁ程度で
ふと見たら、見知らぬ真っ黒い物体がへばり付いていた。
得体の知れない物体に追い払ったら、一度は廊下を逃げたが再び戻り、窓の下で
ニャゴニャゴ文句言った挙句に、ワイヤーネットの隙間から貞子のように侵入。

真っ黒い猫で迷い猫じゃないかと騒いでたら、真上の部屋の住人が慌てて
迎えに来たので玄関から返したが、その間ウチのオジジ様は台所とは真反対の
奥の寝室に緊急退避・・・
威嚇するとかさ、侵入者に対して何かしないのか?


225 名前: わんにゃん@名無しさん [sage] 投稿日: 2008/09/09(火) 00:36:55 ID:cA9FIwvF
>>224
>ニャゴニャゴ文句言った挙句に、ワイヤーネットの隙間から貞子のように侵入。
可愛すぎる!
>>224のおうちのぬこたんは「ぬこ貞子!」と思って怖かったのでしょう。
posted by にゃん&チビ at 21:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | よその猫 実話 - 2ch このエントリーをはてなブックマークに追加